安い長茎術の気になる効果

長茎術の効果は料金に比例するわけではない

長茎術にかかる費用はクリニックによって異なります。
また、切る手術と切らない手術でも効果に違いがあるとされています。
長茎術をしたのに理想の長さにならなかった、目立つ傷跡が残りコンプレックスになったなどの症例もありますが、安いクリニックで手術を受けたことが理由ではありません。

長茎術の効果が出るか否かは、執刀する医師の技術や経験に頼るところが大きくなります。
症例数が多く経験値の多い医師による手術なら、安い費用でも高い効果が得られます。
反対に、高い料金を支払っても、アルバイトの医師による手術では効果が出ないリスクが高まります。

そのため、長茎術を受ける際には、料金が安い、高いではなく医師の質をしっかり見極めることが大切です。
カウンセリングを受ける時に、今までにどれだけ長茎術を執刀した経験があるのか、泌尿器専門の医師であるのかを確認するのが賢明でしょう。
口コミなどの意見を参考にするのもおすすめです。

切る手術の方が効果が高い

長茎術では切る手術と切らない手術がありますが、一般的に切る手術の方が高い効果があるといわれています。
切る手術はペニスのつけ根を3センチほど切開し、しっかりと前に引き出してから糸で留めて縫合するため確実に長さを確保することが可能です。

切らない手術は傷跡が残らないというメリットがあるものの、糸で留めているだけなので何かの拍子で糸が切れて元に戻ることもあります。
切らない手術の方が料金は安いですが、切る手術よりも効果の持続性が不安定です。

どちらの方法で手術を行うにしても、医師の技術を重視してクリニック選びをすることが大切になります。
良いクリニックを選ぶためには、複数のクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。
丁寧に手術方法を説明してくれたり、質問に真摯に答えてくれたりするクリニックは信頼して任せられるでしょう。
もちろん、料金設定が明確であることもクリニック選びの大切な要素です。

まとめ

長茎術の手術で高い効果を得るためには、料金が安い、高いよりも医師の技術や経験が最重要ポイントでとなります。
安いから効果がない、高いから信頼できるなど勝手な偏見を持たず、症例数や口コミでの評判でクリニックを選ぶことが大切です。

長茎術は比較的簡単な手術ではあるものの、何度もやり直すのは避けたいものです。
しっかりとクリニックを吟味することで、手術で最大限の効果を得てコンプレックスを解消することができるでしょう。

2か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です