真性包茎でも安い長茎術をする方法はある?

保険適用の手術を利用しよう

男性器の悩みにも多くの種類がありますが、男性器が小さい、短いと悩んでいる人も多いものです。
そうした場合も、長茎術を利用すれば十分な長さを得ることができます。
こうした治療は高額な費用が発生するからと躊躇している人もいるかもしれません。
男性器が短い、小さい原因では真性包茎であることもあげられます。
真性包茎の人は正常時でも勃起時でも亀頭を露出できず、痛みを伴うことも少なくありません。
とはいえ、こうした治療も包茎手術を受けることで良い改善を得ることができます。
日本人男性に多い仮性包茎では、治療は自費診療になりますのである程度の費用が発生します。
真性包茎の場合は、保険適用の治療を受けることができますので、費用も3~5万円程度と安い費用に抑えることができます。
包茎の症状が改善できることはもちろん、見た目もかなり改善されますのでより大きく長く見える効果も期待できます。
まずは、長茎術をする前に包茎を治すことから考えてみてはいかがでしょうか。

切らずに行える長茎術

真性包茎の手術は保険適用でできますが、ただ安いだけでは満足できないという人は、自由診療の治療も考えてみましょう。
自由診療の包茎手術はより高品質で見た目の良さにもこだわっています。
より満足な結果を得たい人は検討してみてはいかがでしょうか。
安い費用で治療をしても、その結果が満足できずに治療をやり直すとかえって高くなります。
見た目にこだわるのであれば、最初から自由診療を選んだほうが結果的に安くなる場合もあります。
そして、包茎手術だけで満足な結果が得られない場合は、包茎が治ったあとに長茎術を取り入れることも考えてみてはいかがでしょうか。
男性器は体内に埋もれている部分もありますので、それを引っ張り出すことで長さを得ることも可能です。
切開を伴う治療もありますが、切開を伴わない治療ならより費用も安く済みますし、体への負担も抑えられます。
クリニックごとに治療費も違いますので、費用や治療内容も比較しながら安く治療を受けられる医療機関を選んでいきましょう。

まとめ

真性包茎の人は、包茎が原因で男性器がより小さく短く見えている場合があります。
長茎術をする前には、まずは包茎治療で改善が得られるかどうかを確認してみましょう。
安い費用で治療をしたい場合は保険適用の包茎手術を選ぶこともできます。
それでもまだ長さが不足しているという場合は、包茎手術のあとに長茎術を行うことも考えていきたいところです。
こうした治療も色々な方法がありますが、切開を伴わない治療ならより費用を安く抑えることができます。

4か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です