長茎術は安い手術じゃない!保険は適用されないの?

長茎術の費用と保険の適用の有無

ペニスを長くするための長茎術は、病院によりますが安い金額でないのが一般的です。
長茎術は35万円程度から40万円程度の費用がかかります。
その方の体形によりますが、必要に応じて料金が追加される可能性があるのが特徴です。
安い金額ではないので保険が適用されるかが問題ですが、マイクロペニスもしくは埋没包茎と医師に診断された場合は可能性があります。
見た目の問題以外に、将来的に子供がつくりにくいからです。
保険の適用はこのように生命に関わる大きさの時は使えます。
長茎術は性器の見た目を良くしたい方以外に、将来的に子供が欲しい方が行う場合があるのが特徴です。
性器の長さにコンプレックスがあるだけでは保険の適用外になりますが、手術を受けが履歴が残らないのがメリットになります。
誰にも知られずにこの手術を受けたい場合は、安い料金ではないですが長茎術を受ける事が可能です。
専門医と相談をして料金と保険の相談をします。

長茎術の料金の安いかどうかと保険について

男性の性器を長くする長茎術は、基本的には女性の美容整形と同じように見た目を整える目的だと保険が適用されない医療になります。
例外は医師がマイクロペニスか埋没包茎と診断した方は加入している保険が適用されるのが特徴です。
理由としてはマイクロペニスや、埋没包茎だと子供をつくる事が難しい形に該当します。
保険が適用されない代わりに、病院独自の割引がある可能性があります。
いくつか病院を比較検討して、手術を受けるのが大事です。
長茎術は一般的に安い費用で出来る事が少ない治療です。
納得がいく治療や料金を提示している病院で行うようにします。
カウンセリングを受けて、費用の詳細を確認するのが大事です。
麻酔やオプションで追加料金が発生するかどうか確認します。
診察時に自分が保険の適用があるか確認するのも大事です。
見た目のコンプレックスを解消する以外に、医療として目的がある場合は負担が減る可能性があります。

まとめ

男性の性器を現在の状態より長くするのが長茎術で、ある程度の金額がかかるのが一般的です。
クリニック独自の割引を利用するか、医師がマイクロペニスか埋没包茎と認定すると費用が異なります。
後者の場合は保険が適用されるので自己負担が軽減されるのが特徴です。
その他の場合は性器の見た目を良くする目的とみなされるので保険の適用外になります。
病院により料金が異なるので複数のクリニックを受診するのがポイントになります。

4か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です