長茎術の支払い方法|安いプランはある?

費用の支払いは一括と分割の両方が選択可能

医療機関で長茎術を用いた短小陰茎の治療を受ける場合にかかる費用の支払いでは、一括払いと分割払いの両方を選ぶことができるようになっています。

一括払いに該当する支払い方法は現金一括払いと、クレジットカードの1回払いおよびボーナス一括払いです。
一般的に、クレジットカードによる代金の支払いでは金利手数料が上乗せされると認識されていますが、これが適用されるのは3回以上の分割払いにしたときであり、支払い回数を1~2回にした場合は金利手数料は発生しません。

分割払いには、クレジットカード決済のほかにも医療ローンがあります。
この支払い方法は医療機関と提携する信販会社が行う審査を通過しなければ選ぶことはできませんが、分割回数をカード決済の場合より多くできる点と、頭金を用意できなくてもローンを組むことができる点が特徴です。
分割回数を多くすると上乗せされる金利手数料が増えて、最終的な支払総額は大きくなりますが、1回あたりの支払額は安いので家計への影響が抑えられます。
医療機関によっては、分割回数を一定以下にすると金利手数料をとらない場合があります。

安い術法を選択すれば長茎術の費用は抑えられる

長茎術の料金そのものを安くしたい場合、患者がとれる方法としてまず考えられるのは、安い術法を選ぶという方法です。
長茎術の料金は、他の治療の場合と同様に医療機関の公式Webサイトに掲載されていることが多いので、それを見て安い料金になっているものを選びます。
長茎術では切開をしない、あるいは切開をする範囲が極めて狭い術法の方が料金が安い傾向にあるので、出費を抑えたい人はそのような術法による治療プランを選択すると良いでしょう。

また、不定期に実施されるキャンペーンを利用する方法も、出費を抑えられる可能性がある方法の一つといえます。
陰茎の手術メニューが用意されている医療機関の中には、より多くの顧客を獲得することなどを目的にしたキャンペーンを実施している所が多いです。
対象になるメニューはその都度変わりますが、長茎術が対象となっていれば、期間内に適用対象のメニューを選択することで、通常時より少しお得に施術を受けることができます。

まとめ

長茎術の費用の支払い方法には現金による先払い、クレジットカードを使った後払い、医療ローンを用いた分割払いがあります。
分割払いは回数を多くすると金利手数料が発生しますが、医療機関によっては分割回数を一定以下に設定すると金利手数料が無料になります。

また、長茎術の施術費用を安くする方法には、その医療機関の中で安い術法を選択する方法と、キャンペーンを利用する方法があります。
長茎術の料金は高額ですが、工夫をすれば家計への影響を抑えられるので、医療機関のスタッフとよく相談しながらプランを練りましょう。

2か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です